2018年リゾートコレクション トレンドまとめ | 高級製表製表ブランド時計コピー「高い」はどこ

2018年リゾートコレクション トレンドまとめ

レースアップシューズがビッグトレンドに大浮上。今までは華奢なリボンが多かったのに対し、リゾートは太めのリボンが人気のよう。ロングブーツのような感覚で履けるミリタリー調のものからプラットフォームまで、コーディネートのスパイスとしてマストハブな存在になりそう古代ギリシャの女神をテーマにしたシャネル(CHANEL)のリゾートコレクションでは、ツイードと同系色のレースアップシューズを多用。フェミニンなドレスに相反するエキゾチックでヌーディな足もとは、ギリシャ神話と現代をミックスさせているかのようだセットアップというと、どこかカチッとしていて普段着としては抵抗のある人も多いはず。でも実はかなり実用的で、上下がそろっていることで統一感をもたらし、モードな装いを演出してくれる。リゾートではポップな柄やクロップド丈など、“フリースタイル”なデザインが目立った。どうせ楽しむなら、既存の概念を崩して、自由にプレイフルに着こなしてみない?

英国チェックのセットアップを提案した3.1フィリップ リム(3.1PHILLIP LIM)。ロングリーンなシルエットには紐ベルトでウエストをマークを。パンツの裾にはベルトを施し、絞りを入れることでマニッシュになりがちなセットアップをカジュアルダウンさせている春夏のトレンドとして注目すべきヘッドピース。ストリートな装いを醸し出すサンバイザーやターバン風のハットなど、シェイプや素材、デザインが豊富にアップデート。マンネリ気味のコーディネートに1点投入すればガラリとイメチェンできるので、自分に似合うオンリーワンを見つけよう古代ギリシャ・ローマを彷彿とさせるディテールを散りばめたグッチ(GUCCI)。ゴージャスなキルティングジャケットには、ヴィンテージ風のフラワー柄ターバンをあわせカジュアルな味付けをプラス。ストリートとラグジュアリーのギークなミックス感覚はグッチならではビッグバッグと並んで絶対的な人気を誇るミニバッグ。普段は躊躇してしまう大胆なカラーやデザインでも、極小サイズならポイントとして無理なく取り入れられそう。持ち方次第で、スタイルにアレンジを効かせられるのも魅力だ。手もとを引き立てる重要なアクセとして、今季もアップデートをお忘れなくフェンディバッグスーパーコピー(FENDI)からは、大中小のポーチをリングで連ねたミニバッグが登場。別々でも使用可能なのでコーデによって使い分けたい。オシャレ上級者は持ち方にもアレンジを加えて。写真のように、リングを指先で引っ掛けるように持つと腕が美しく見せられて、フォーマルな雰囲気に。小脇に抱えればカジュアルなクラッチとしても使えるランウェイでは昨年からヒールソックスの重ね技が目立ち、スポーティな色や柄をミックスしたポップな足もとが主流になった。今や、ベーシックなソックスをプラスするだけではNG。ソックスには全身を整える重要な役割があると心得て、インパクト出しに挑戦しよう紳士なムードをワンピースに落とし込んだトム ブラウン(THOM BROWNE)。アイコンであるトリコロールラインは、ソックスでも取り入れてブーツイン。一見難しい柄オン柄の組み合わせも3色程度におさえたり、チェックの大きさを変えることでバランスよくまとまるここ近年、スイムウェアは海やプールだけでなく、タウンユースとしても大活躍。デザインとしては従来のビキニではなく、どこか昔懐かしいワンピースタイプや、股上が深いセットアップが主流のようだ。2018年の夏はロングカーデやブーツなどをあわせ、ヘルシーモードなスイムルックに挑戦してみては?

毎回、驚きのショーを展開するモスキーノ(MOSCHINO)のテーマは「アメリカーナ」。さまざまなキャラクターがショーに登場しポップな世界観を披露した。ベティ・ブープをプリントしたレトロなスイムウェアはピンナップガールのような可愛さに一目惚れ。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です