オメガスピードマスターが宇宙製作

1848年にルイ・ブランがラ・ショー・ド・フォンにて懐中時計の組み立て工房を開いたところからオメガの偉大な歴史が始まる。 1894年に有名なキャリバー「オメガ」を製作、後にこれがメーカー名となる。 1965年には「スピードマスター」が宇宙という過酷な条件下の中でNASAの公式腕時計として採用され、その耐久性の高さを世に知らしめた。そして1969年アポロ11号の人類初の月面着陸に使用され、初めて月に降りたった時計として、スピードマスターは「ムーンウォッチ」のニックネームを与えられています。 また、アポロ13号での乗組員を救った功績によりNASAの宇宙飛行士たちによって授与される栄えある「スヌーピー・アウォード」を受賞しました。 1999年、独立時計師のジョージ・ダニエルズが開発した「コーアクシャル」と呼ばれる新機構を採用し、腕時計界に衝撃を与え、機械式時計の心臓部である調速機構との動力伝達を果たす、脱進機機構(アンクル爪、ガンギ歯)における摩擦を大幅に低減し、長期間オーバーホール無しでも精度を保つことができる画期的な機構を開発しました。

オメガ時計スーパーコピー:http://www.buytep.com/brandcopy-l-3.html

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です