「SeductionLeather」のワングレードに統一

ラインナップを見直し、コンパクトカー市場のシェア拡大を狙う

プジョー・シトロエン・ジャポンは、シトロエンの5ドアコンパクトハッチバック「C3」の価格とラインナップを見直し「C3 SeductionLeather(セダクション・レザー)」に一本化すると発表。9月1日より発売を開始する頭上まで広がる広大なゼニスフロントウィンドウや取り回しのよいラウンドフォルムなどが特徴の「C3」は、昨年2月の新パワートレイン搭載により大幅に燃費が改善され、デザインと使いやすさに加え経済性や環境適合性を兼ね備えたシトロエンの量販コンパクトモデル2010年のフルモデルチェンジ以来、2グレードのラインナップであったが、今回、エントリーグレードのセダクションに人気のフルレザーシートを組み合わせ、名称を「C3 SeductionLeather(セダクション・レザー)」とし、ワングレードに統一したまた価格もセダクションに8,000円の増額でフルレザーシートと16インチアロイホイール、パール・メタリックペイント料金を含み、215万円と戦略的なパッケージとしているボディカラーは人気のブランパールナクレを含む全5色を用意するプジョー・シトロエン・ジャポンではシトロエンの人気モデル「C3」のラインナップを簡素化することで、販売効率を高めコンパクト市場でのシェアを獲得し、さらなる拡販を狙うとしている。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です